一般のお客様向けコンテンツ

征矢野建材HOME

会社情報メニューTOP > 環境への取組み 一覧 > 長野県 県産材使用

環境への取組み

長野県 県産材使用

[ 2011/01/28 ]
info_flame
長野県 県産材使用

県産材とは

県産材とは信州の自然のなかで育ち、県内の製材工場で製材された木材です。代表的なものにはカラマツがあります。

信州の森林には色々な木が植えられています。

新緑や紅葉が美しいカラマツ、伊勢神宮などの神社建築に使われることが多い木曽のヒノキ、成長が早く、加工が容易なスギもあります。どれも家をつくるには適した木です。
特にカラマツは長野県の人工林面積の約50%を占めています。土木用材や電柱などに使われなくなり、カラマツの林は手入れが進まず、荒れています。

カラマツは狂いやすい、ヤニが出るなどといわれ、住宅にはあまり使われていなかったのですが,乾燥技術が進み、十分に住宅用として使えるようになりました。

県産材利用

現在、日本で消費される木材の8割が外国から輸入されています。しかし、日本に木材がないわけではありません。日本の国土の2/3は森林で、先進国の中ではトップクラスの森林国といえます。

一方、世界中で森林の破壊や劣化が大きな問題となっています。森林が破壊されるとそこに生息する貴重な動植物が失われるだけでなく、住民の生活環境の悪化や地球温暖化などが引き起こされます。

そこで、私たちは再生産可能な「適切」に施業された森林から生産された木材を有効に使う必要があります。

信州木材認証製品センター

県産材について、詳しくは以下のURLをご覧下さい。

信州木材認証製品センター:http://www.logos.co.jp/kensanzai/index.html

関連情報

  • 関連資料: 
  • 関連リンク先:
このページTOP
Copyright (C) 建材メーカーの征矢野建材株式会社 All Rights Reserved.