一般のお客様向けコンテンツ

征矢野建材HOME

会社情報メニューTOP > インフォメーション 一覧 > ソヤノウッドパーク竣工

インフォメーション

ソヤノウッドパーク竣工

インフォメーション [ 2015/04/13 ]
info_flame
ソヤノウッドパーク竣工

ごあいさつ

        征矢野建材株式会社
        代表取締役 櫻井秀彌

信州F・POWERプロジェクトは産学官が連携し、長野県の豊かな森林資源の活用で林業創世を目的とし、且つ森林の価値を高めるプロジェクトです。

この施設は木材のカスケード利用を目的とし、製材から世界初の床板をはじめとする内装材の最終製品まで製造する加工施設と、未利用材や製材端材を燃料としたバイオマス発電を目的とした施設です。

此の度は県、塩尻市を始め多くの方々のご支援を頂き木材加工施設をオープンすることが出来ました事、心より感謝いたします。バイオマス発電は当初の予定より遅れましたが関係各位のご協力を頂き平成29年春の操業を予定しています。

長野県は全国3位の森林蓄積量を誇り毎年200万立米以上の森林の成長量が見込まれます。大別しますと針葉樹50%広葉樹50%の資源大国です。

この工場は主に今まで製材用として利用されていないナラ・クリ・サクラ等の広葉樹と、赤松を主体とした針葉樹の利用を目的とした工場です。

製材の生産規模は年間最大30万立米の大型製材工場になります。隣接します内装材加工工場と造作材加工工場は床材等の内装材を主体に様々な建材の製造を行います。

弊社の他工場、ソヤノアークス・プレイリーファクトリー共々いつでも皆様方の工場見学を歓迎いたします。

関連情報

このページTOP
Copyright (C) 建材メーカーの征矢野建材株式会社 All Rights Reserved.