一般のお客様向けコンテンツ

征矢野建材HOME

工務店・設計事務所様メニューTOP >取り扱い製品一覧 > プレカット TOP

インフォメーション 一覧
樹種から探す
ブランド・サービス名称から探す
構造材から探す
内装材から探す
ヒノキ・アカマツ オーダー製品
オリジナル製品・新製品
弊社オリジナル製品・新製品を紹介します。
詳しくはこちらより
キャンペーン情報
弊社キャンペーン情報を紹介します。
詳しくはこちらより
その他 取扱製品
ペレット│チャフウオールなどを紹介します。
詳しくはこちらより
工務店サポート
工務店様へのサポートを紹介します。
詳しくはこちらより
カタログ集ダウンロード
弊社主要取扱製品のカタログをPDFファイルにてダウンロードが出来ます。
詳しくはこちらより
FAQ(良くある質問)
お取扱製品および施工時における質問と回答を紹介します。
詳しくはこちらより
施工事例集
弊社建材を活用した施工事例を紹介します。
詳しくはこちらより
各種お問い合わせ
お問い合わせはお気軽に

プレカット [ 在来軸組工法/門型ラーメン構法 ]

プレカット [ 在来軸組工法 ]

プレカット加工とは

木造建築の構造材の複雑な形は大工さんが手作業で作っていましたが、その大変な作業をあらかじめ工場で行うことにより、省力化、高品質化を可能にした方法です。

プレカットまた、無駄が少なく、ごみも少なく、現場もクリーンに。
現在在来工法のほとんどのハウスメーカーはプレカット材を扱っています。

厳選された乾燥木材をCAD・CAMシステムの全自動加工で、高精度、高品質な構造材が生産されます。

CADで創られたデータを基に、全自動加工機が高精度、高品質で均一な構造材の生産を行います。

全自動加工機の精度誤差は約0.1mm、強度は手加工の最大1.5倍(愛知県工業センター調べ)との格段の違い。厳密に検査された製品が、工務店様の省力化、生産性のアップをお手伝いし、高品質な住まい造りに貢献しています。

プレカット業務フロー

Flow No1 打合わせ・図面作成・CAD入力・加工データ作成

打合わせ・図面作成・CAD入力・加工データ作成
打合わせ・図面作成・CAD入力・加工データ作成
綿密な打合わせの後、図面を作成しCAD入力を行い加工データが完成します。
arrow

Flow No2 部材アッセンブル

部材アッセンブル
部材アッセンブル
データを元に部材のアッセンブルを行います。
arrow

Flow No3 プレカット加工

プレカット加工
横架材/柱材/羽柄材/合板/ プレカット加工
プレカット加工
特殊 プレカット加工
弊社プレカット工場は、専用加工機により各種プレカット加工に対応しています。
arrow

Flow No4 検査

検査
検査
加工済み部材を検査し、配送用に荷造り梱包を行います。
arrow

Flow No5 配送

配送
配送
加工済みの部材は出荷待ちヤードにて保管された後お客様の現場へと運ばれていきます。
arrow

在来軸組工法 プレカット 仕口の紹介

仕口
かぶと掛
かぶと掛
ほぞ加工
ほぞ加工
火打ち加工
火打ち加工
鎌継ぎ加工
鎌継ぎ加工
蟻加工
蟻加工
隅木落とし
隅木落とし
根太彫り加工
根太彫り加工
大入れ加工
大入れ加工
茶臼加工
茶臼加工
胴差し加工
胴差し加工

D-BOLT

D-BOLT
部材の中にもぐりこんだスーパー緊結金物D-BOLTシステム

Dボルトは1998年、通産省Gマークを取得している、加工性、デザイン、品質(引寄金物の耐力)構造体への断面欠損をできるだけ省く、真壁化粧構造体対応の金物として、有効な緊結金物です。

世間では普通に使用されている羽子板ボルトに比べて、耐力3倍なんです。 また羽子板ボルトは構造体の外観に取り付けるため、ヒートブリッジとなり、結露し、サビの進行を促進してしまいます。

胴差し 柱の接合部
胴差し 柱の接合部

木軸の外側にギブスのように痛々しく補強する金物ではなく、おしゃれに演出することが可能です。弊社はオプションで「D-BOLT」対応のプレカットが可能です。

D-BOLTの4大ポイント

1.芯で締めつけるので力が片寄りません

「Dボルト」は部材の中心部をロッドが走ります。従って、片面に添って取り付ける金物と違って、大きな力がかかっても、また強く締めても片側に引っ張られることなく、中心部同士ガッチリと結合されます。

2.部材幅いっぱいの極太「ハンマーナット」

ロッドを引きつけるのは、材をヨコ方向に貫通するムクの棒状「ハンマーナット」。 直径30ミリの太さ、丸さと部材の幅全体に渡る長さで、木にめり込むことなく強力にふんばります。

3.小さな丸しか見えない美しい仕上がり

「Dボルト」はほとんどが部材の中に隠れてしまうため、どの方向からもボルト・ナットの頭しか見えません。しかもサビにくいツヤ消黒のリューブライト仕上げ(ハンマーナットG)。 構造材を見せる仕上げにうってつけです!

4.一種類のシステムであらゆる接合部に

これまで何種類もの金物を使用していた場面に「Dボルト」は一種類ですべてOK。 「ハンマーナット」とロッドという基本的な組み合わせだけで、軸組工法のあらゆる接合部の堅結に対応できます。

このページTOP
Copyright (C) 建材メーカーの征矢野建材株式会社 All Rights Reserved.