一般のお客様向けコンテンツ

征矢野建材HOME

工務店・設計事務所様メニューTOP >取り扱い製品一覧 > 長野県産材 アカマツ・ヒノキ製品 和美シリーズ TOP > 丸太(横架材)

インフォメーション 一覧
樹種から探す
ブランド・サービス名称から探す
構造材から探す
内装材から探す
ヒノキ・アカマツ オーダー製品
オリジナル製品・新製品
弊社オリジナル製品・新製品を紹介します。
詳しくはこちらより
キャンペーン情報
弊社キャンペーン情報を紹介します。
詳しくはこちらより
その他 取扱製品
ペレット│チャフウオールなどを紹介します。
詳しくはこちらより
工務店サポート
工務店様へのサポートを紹介します。
詳しくはこちらより
カタログ集ダウンロード
弊社主要取扱製品のカタログをPDFファイルにてダウンロードが出来ます。
詳しくはこちらより
FAQ(良くある質問)
お取扱製品および施工時における質問と回答を紹介します。
詳しくはこちらより
施工事例集
弊社建材を活用した施工事例を紹介します。
詳しくはこちらより
各種お問い合わせ
お問い合わせはお気軽に

長野県産材 アカマツ・ヒノキ製品 和美シリーズ

和美シリーズ│丸太

和美 丸太

「あづみ野赤松・和美丸太」は、非常に強度があり、また木目も大変美しく、日本の文化「和」と「美」に合った木材です。

この「あづみ野赤松・和美丸太」は、厳選された長野県産材を「高温セット乾燥+養生促進乾燥」を十分施した優れた製品です。

製造工場は、長野県・県産材認証を取得(認証番号 N-043)しております。

商品詳細

商品
高温セット乾燥+養生促進乾燥による乾燥化粧梁丸太
原材料
長野県あづみ野地区の赤松の目細な素材を厳選
製造元
長野県松本市「ソヤノアークス」
規格
規格
1)寸検
末木口の太鼓挽きの梁高(H)の2乗×長さ
2)製材
両側を5分(15mm)ずつ太鼓に落として残ったあり寸(W)にて、巾指定は特注対応
3)乾燥
高温セット乾燥(材面硬化によるヤニ・アオ・ワレの軽減)+養生促進乾燥(平衡含水率による調湿で施工後歪みの軽減)にて60〜90日の乾燥養生で平均含水率15%に調整。
4)品質
化粧梁用の材です。軽い乾燥ワレは入ります。但し養生乾燥によりワレの施工後の進行を抑えてあります。また粗皮を取った後に現れる節等その他軽い欠点が数個入る場合もあります。自然素材商品の為、同一品はありません。
5)形状
元材の為、末口と元口の大きさは異なります。また、真っ直ぐな直材はありません。(直材は現在開発中)曲がりは矢高の大きさで「小/5〜10cm程度」・「中/10〜15cm程度」・「大/15cm〜」とS字等変則形状品に分けて管理してあります。
販売形態
粗皮を取り乾燥仕上げの状態での基本販売となります。 長さは4m−5m−6mが在庫品にて、その他の長さはそれぞれの在庫をご利用していただくか、特注対応になります。長尺材(7m以上9mまで)を含めて特注材は納期3ヶ月となります。仕口加工はプレカット1件分まとめてのご発注分のみお受けします。 太鼓の挽き直しは別途でお受けしますが、加工硬化の品質保持の為、素材の表面から30mmずつ以内でのみ可能です。ただし、芯に近くなるぶん多少節が現れることがあります。

価格表/運賃表

価格表および運賃表は以下の表を参照ください。
画像クリックでズーム

表面加工

表面加工も別途特注でお受けします。加工は以下の5種類の組み合わせが可能です。

プレンナ-仕上げ:プレンナ-による面取り加工

プレンナ-・サンダー仕上げ:プレンナ-の後サンダーによる仕上げ

和美仕上げ:丸身部分の磨き仕上げ

浮造り:太鼓の両面に木目を浮かせる仕上げ

手斧(ちょうな)仕上げ:職人の手斧による荒々しい仕上がり

※各加工賃につきましてはサイズと長さごとにて別途見積もりとなります。

和美丸太 製品が出来上がるまで

和美丸太 製品が出来上がるまで

試験結果・認証・登録商標

平成19年11月1日に長野県林業総合センターで行われた アカマツのタイコ材(梁)と製品材(梁)の曲げ試験の結果です。

試験場所・日程・試験方法

試験場所
長野県林業総合センター
試験年月日
平成19年11月1日
試験材
アカマツのタイコ材(梁)及び製品材(梁)
試験方法

曲げ強度試験は実大材曲げ試験機(島津製作所製UH-1000kNA)を用い、図のようにスパン3900mm、上部支点荷重点間距離1020mm(の3等分点4点荷重条件で行った。
クロスヘッド速さは15mm/minで行い、曲げ強さ(MOR)曲げヤング係数(MOE)を、次式により算出した。
曲げ強さMOR= aFm/2Z   [N/mm2]
曲げヤング係数MOE={a(3L2−4a2)/48I}×{(F2−F1)/(w2−w1)}  [kN/mm2]            

ここで、a:上部支点荷重点間距離, Fm:最大(破壊)荷重, B:試験体の幅, H:試験体の厚さ, D:試験体の径, L:スパン,Z:断面係数=BH2/6 (矩形の場合),Z:断面係数=2I/D (太鼓材の場合), I:断面二次モーメント=BH3/12 (矩形の場合),I:断面二次モーメント =D4{θ-(1/4)sin4θ}/32+B{(D2-B2)0.5}3/12(太鼓材の場合), 但しθ=sin-1B/D  (F2−F1):比例域内の荷重の上限値と下限値との差, (w2−w1):F2−F1に対応するスパン中央部のたわみ量,である。

このページTOP
Copyright (C) 建材メーカーの征矢野建材株式会社 All Rights Reserved.